現在の保険証券をチェック項目

毎月、保険料をどのくらい払っていますか?
現在の保障内容と保険金額について正確に把握していますか?

終身保険・定期保険・収入保障保険・医療保険・がん保険、およびそれに付帯する特約も含めると、保障内容を正確に把握している方は、ほとんどいないのが現状かもしれません。

まず、現在加入している保険の証券を並べて、以下の項目を確認してみましょう。


  • @ 終身保険・定期保険の死亡保険金額は?
  • A 収入保障保険の月支給金額は?
  • B 定期保険・収入保障保険の保険期間は?
  • C 終身保険の予定利率と、現在・10年後・20年後の解約返戻金は?
  • D 医療保険・がん保険・特約の入院給付金日額は?
  • E 三大疾病・七大生活習慣病の1入院での給付金支給日数は?
  • F がん保険・特約の診断給付金や一時金の合計は?
  • G 先進医療特約に、複数の商品・保険会社で重複加入していないか?
  • H 毎月の保険料は?


@〜Cは死亡保険、D〜Gは医療保険に関連する項目です。

Hの毎月の保険料は、給与から天引きされている方は、明細を確認しましょう。

また、複数の保険に加入している場合は、医療保険・がん保険などに付帯する特約も含めて
保障内容重複部分がないかをチェック・把握することが重要です。


【関連】終身医療保険の比較結果は?

【関連】がん保険の比較結果は?

【関連】医療保険の比較結果は?



保険見直しの注意点

保険の見直しは、「ムリ」「ムダ」「ムラ」の3点を順番にチェックしましょう。

ムリ」は、H毎月の支払保険料と、毎月の収入のバランスです。

毎月の保険料が2万円以上の方は、今後の収入予定やライフステージ支出を考慮して本当に払い続けられそうか、積立と掛け捨てのバランスは適正か、などがポイントになります。
保険料が将来あがる予定がある場合は、将来の保険料も考慮する必要があります。

ムダ」のチェック項目は、保障内容の重複、および掛け捨ての金額の適正化です。

医療保険・がん保険・終身保険特約等の入院給付金額の重複の有無、重複が大きすぎないかを確認しましょう。死亡保険では、10年後、20年後のライフステージの変化に対して、保険金合計が過剰でないかです。

また「掛け捨て」は保険料が安いのが特徴ですが、「掛け捨て」のメリットを生かすためにも、月の「掛け捨て」金額を最小限におさえることが重要です。

ムラ」は、長期入院に対する保険のカバー状況などです。

医療保険で本当にカバーしなければいけないのは、長期入院や公的保険が効かない治療です。
短期入院は複数の保険で保障されているが、60日を超える入院が一切保障されていない、などのケースがないかを確認します。

保険の見直しの際には、普段はあまり気に書けない保険の保障内容を定期的に把握し、「ムリ」「ムダ」「ムラ」の観点でチェックすることが大変有効です。


【関連】死亡保険の見直しポイントは?

【関連】医療保険の見直しポイントは?



▼現在の加入状況診断・保険見直しを専門家に依頼する▼

保険マンモス
▲【FP紹介No.1】利用者30万人・満足度95%の保険マンモス




 【外資系・独立系・ネット生命保険会社】
  アフラック  アクサダイレクト生命  オリックス生命  損保ジャパン日本興亜ひまわり生命  チューリッヒ生命
  東京海上日動あんしん生命  メディケア生命  メットライフ生命  ライフネット生命  楽天生命

 【保険の無料相談サイト】
  保険マンモス  保険見直しラボ  ほけんのトータルプロフェッショナル